最近元素にはまっているむすこのことを

「人って原子みたい」「伸ばすための母の試練?!」

記事にしてきましたが・・・

今度は元素カードをせっせと作りだしました。

 

方眼のノートを切って使っていたので、

以前大量に買って使わなくなった名刺用の紙を提供。

聞けば、第7周期までの元素、118もあるんですね。

そんなにカード作るの大変そう^_^;

 

作りながら、「元素のトランプってないのかな?」とむすこ。

「118もあるんだったら、全部はできないんじゃない?」とわたし。

「アルゴン(Ar)まで18、クリプトン(Kr)まで36、

キセノン(Xe)までで54! ぴったりじゃん!!」とむすこ。

 

そこで、「もうすでにあるかもしれない」と不安になり

「調べてみたら?」と促すと

 

あるんですね!トランプではないけど。

(いわゆるトランプはむすこが発案かもなので、

勝手に作らないでくださいね。もし、むすこのアイデアを

形にしていただける会社さんなどありましたら、ご連絡を!)

 

さて、見つけたのは、

★113の元素カードで、じゃんけんゲームやクイズを楽しむカード

「げんそじんカード」

「げんそじん」は絵本とかあるやつですね。

 

★元素カード112枚と素粒子カード28枚で遊ぶ

「えれめんトランプ」

いわゆるトランプではないですね。

「げんそじん」より具体的なイメージがしやすい美しいカードですね。

 

★水素(H)、炭素(C)、酸素(O)、窒素(N)の4元素のカードで

できる分子の組み合わせを競う

「ケミストリークエスト」

2011年7月当時小学校6年生の 米山君が設立した会社によるものだそう。

すごいですね~!動画を見ると、かしこそうな子だわ。

支援者がいると、こんなことができるのね・・・

思わずむすこに伝えたわたし。

動画を一通り見せて、「iPhoneアプリ(無料)があるよ~!」って誘うと・・・

「いらない。認めたくないから」って言われた・・・

 

あ・・・なんか、わたし、悪いことした???

 

メラメラな闘争心ならいいんだけど・・・

すごい子がいる・・・って、自信をなくしてたら嫌だな・・・

 

ちなみに、

「原子モデルカードゲーム」ってのがありました。

ケミストリークエストのように、分子を作るタイプです。

どっちが先なんでしょうね・・・

「認めたくない」

投稿ナビゲーション


「認めたくない」” への2件のフィードバック

  1. そっかぁ。確かにむすこは、「他人の子とはどうでもいい」って人ですね。
    まだ元素カードを作り続けているし、きっと、考えがあるんでしょうね。
    見守りたいと思います。

  2. より一層研究していくかもしれないね。そんな子が居ても居なくても息子くんには関係ない事。母の情報は情報として、より一層息子くんなりの遊び方や方法を考えていかれるでしょう。楽しみだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です