アコモンホームページ

アコモデーション(配慮・適応)をコモン(共通)に!アコモン
認定NPO法人accommon
☎(019)656-7067(イベントのない平日10~16時) 問い合わせ MAP

このエントリーをはてなブックマークに追加

支援ツール(学習面)

|デジタル教材| オンライン教材| プリント教材|

発達障がいの人たちを支援するツールについてまとめていきます。
情報をお持ちの方、お気づきの点がございましたらご連絡ください。

デジタル教材

オンライン学習・アプリ

  • palstep(株式会社EDUAS)

    ※画像はEDUASプレスリリースより
    東京大学先端研との魔法のプロジェクトで知られるEDUASさんが、不登校児童生徒の学習機会を確保する学習・校務支援サービス「palstep」を開発しました。
    自治体単位で申し込みをしなければなりませんが、導入した自治体では、学校に行けない子どもたち(別室、適応指導教室、フリースクール、家庭などで過ごす子どもたち)が、ネットにつながる環境下で学習し、評価を得られ出席扱いできるようになります。
    岩手県教育委員会の先生や盛岡市教育委員会の先生にはお伝えしました。
    導入できるよう働きかけていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
  • >タブレット学習用Webアプリ(岩手県立総合教育センター)

    総合教育センターで開発した学習用Webアプリです。
  • ことたぶ(ことばの教室タブレット用Webアプリ:岩手県立総合教育センター)

    総合教育センターで開発したことばの教室で使えるWebアプリです。
  • ことブック(ことばの教室iBooks教材)

    ことたぶを作られた先生が、オフラインでも利用できるものを開発されました。iBookに入れて、iPad、iPhone、Macで使えます。
  • ディスレクシア音読指導アプリiOS版(鳥取大学)

    鳥取大学の小枝研究室で行われたディスレクシアに対する診断と治療に関する研究成果として開発されたアプリです。こちらはiPhone版とiPad版があります。
  • ディスレクシア音読指導アプリAndroid版(国立成育医療研究センター こころの診療部 ディスレクシア教育)

    鳥取大学の小枝研究室で行われたディスレクシアに対する診断と治療に関する研究成果として開発されたアプリです。こちらはAndroid版です。
  • eboard(イーボード)

    NPO法人eboardが動画教材を公開しています。一人でもマイペースで学ぶことができます。
  • スタディサプリ

    小学校4年生から大学受験まで、動画とプリント教材(冊子購入も可)で、一人でもマイペースで学ぶことができます。
    月980円で自分で学ぶコースや、先生に質問のできるコースなどがあります。
  • 怪盗ねこぴー

    以前から定評のあるオンラインで学習できるサイトです。
  • LITALICOのアプリ(iOS版)

    絵カードでコミュニケーションができる「えこみゅ」、絵カードでスケジュール作成ができる「やることカード」、声の大きさ調整に使える「こえキャッチ」、おかねの使い方が学べる「おかね星人」、時間の経過が見える「ねずみタイマー」など、便利なアプリがどんどんできています。
  • LITALICOのアプリ(Android版)

    絵カードでコミュニケーションができる「えこみゅ」、絵カードでスケジュール作成ができる「やることカード」、声の大きさ調整に使える「こえキャッチ」、おかねの使い方が学べる「おかね星人」、時間の経過が見える「ねずみタイマー」など、便利なアプリがどんどんできています。

プリント学習

  • スマイルプラネット

    プレ漢字プリントで、学校の教科書に沿って認知特性に合わせた漢字プリントを印刷できます。
    読み書きスキル簡易アセスメントができました。お子さんの特性を把握してから進めるとよいでしょう。
  • プリントキッズ

    低学年向けの漢字や計算プリントだけでなく、幼児の運筆につながる迷路あそびや点つなぎなどがあります。
  • 迷路.jp

    時々印刷すると答えが出ないものもありますが、たくさんの迷路があるのでネタには困りません。
    迷路あそびは、運筆と思考の訓練になります。
  • ちびむすドリル

    幼児向けの学習プリントです。点つなぎや迷路の他、間違い探しなどもあります。

支援ツール(生活面)

いわて発達支援サポートブック| サポートブック・支援ファイル| ヘルプカード| 受診サポート手帳|

いわて発達支援サポートブック

岩手県がまとめた発達障がいについての情報のまとめです。対応についてや相談先などについてまとめられています。
このうち、いわてこども発達支援サポートブックについては、2019年版ができました。

サポートブック・支援ファイル

発達障害者支援に関する行政評価・監視<結果に基づく勧告(総務省)
平成29年1月20日付の総務省からの勧告です。支援計画や指導計画の作成や情報の引継ぎの大切さが述べられています。
本来、個別の支援計画は学校が保護者と協力して作成することになっていますが、連携できていなかったり作成すらされていないこともあります。
サポートブックは学校以外でも活用できますので、保護者で作成されておくことをお勧めします。

岩手県版ヘルプカード

受診サポート手帳

  • みんなの受診サポート手帳

    H30年3月7日に開催しましたワークショップやアンケートの意見を反映した手帳案を基に、岩手県・岩手県医師会で「みんなの受診サポート手帳」を発行していただきました。
    初めて受診する医療機関の度に説明やお願いをする手間を省き、できるだけスムーズに受診ができるようにするためのものです。
    必要な方にお使いいただければと思います。<
  •        

その他の情報

|岩手の特別支援教育| ハイスクールガイド| 理解・対応小冊子| 情報サイト|

岩手の特別支援教育

  • 特別支援教育について

    岩手県の特別支援教育についての情報がまとめられています。毎年度更新されている「〇年度  岩手の特別支援教育」では、県内の公立・私立特別支援学校、小中学校の特別支援学級や通級指導教室設置状況が分かります。

岩手の特別支援教育

  • 県立高校について

    岩手県の県立高校についての様々な情報がハイスクールガイドとしてまとめられています。普通科だけでなく、定時制や単位制、専門高校などについても説明があります。
    入試についての情報もこちらで更新されています。

発達障がいの理解や対応のための小冊子

  • ADHD NAVI

    ADHDの理解に役立つ動画や小冊子が置いてあります。小冊子はPDFをダウンロードして利用できます。
    保護者向けの他、学校の先生向け、子ども本人向けのものもあります。




  • 「虎の巻」シリーズ

    札幌市が作成した、発達障がいのある人たちへの支援ポイントをイラストを用いて分かりやすく説明しています。小冊子はPDFをダウンロードして利用できます。
    職場・暮らし・学校・子育ての分野でまとめてあります。

発達障がい関連サイト

ページのトップへ戻る