アコモデーションをコモンに!アコモン

このエントリーをはてなブックマークに追加

まなびのHIROBA(会員の幼児~中高生と保護者)


まなびのHIROBAは、集団での勉強が苦手な子どもたちが、落ち着いて楽しく学べるよう、顔の分かる少人数で活動する会員家族向けの活動です。
アコモンでは現在、月に1~2回土曜日に活動しています。

成長に役立つ体験を少しずつ、楽しく積み重ねていくことを目的に、保護者で活動メニューを企画・実践しています。
ビジョントレーニングインストラクターに指導を仰ぎながらトレーニングメニューを考えたり、コミュニケーションの必要なゲームを取り入れたり、タブレットやパソコンから好きな教材などをプリントしてみたり…
コグトレ(認知機能強化トレーニング)にも挑戦しています。

また、会員親子が自宅でも取り組めるよう、様々な特別支援の教材プリントなどを会員専用ページからダウンロードできるようにしました。
ご要望により、体験を随時受け付けることといたしました。下記よりお申し込みください。
具体的に体験したい活動内容のある方は、備考欄にご記入ください。
体験申し込み

●スケジュール

大人数での活動の際に、会員お母さん作のスケジュールボードと時計を組み合わせて、一時間ごとの予定を表し、説明しています。
見通しを立てると同時に、予定は変わることがあることも予め伝えています。


●おはなし(集団プログラム)

使うお部屋のルールや公共の場所でのマナーを伝えたり、SSTの紙芝居などを用いて 様々な場面について感じたこと・考えたことを出し合ったりしています。


●ビジョントレーニング(集団・個別プログラム)

眼球運動(方法は北出勝也先生YouTubeをご覧ください。)やジェスチャーゲーム、 じゃんけんゲームなどを集団で行ったり、点つなぎやナンバータッチ、タングラムなどを個別で行ったりしています。


●コグトレ(集団・個別プログラム)

認知機能強化トレーニングとして、視覚のワーキングメモリや聴覚のワーキングメモリを使う「何があった?」や「最,br初とポン」、「色か絵か?」などを集団で行ったり、 注意力や集中力、視覚認知や論理的思考などに働きかけるトレーニングを個別にプリント学習したりしています。

会員は、会員専用ページから教材をダウンロードして自宅でも取り組むことができます。

認知作業トレーニングも、取り入れられるところから取り入れていきます。
コグトレについては、コグトレ研究会のページをご覧ください。

●タブレット学習(個別プログラム)

学年や習熟度に合わせた学習アプリを個別に行っています。
タブレットをまだ持っていない子には、貸し出し用も用意しています。
タブレットに接続できるキーボードとローマ字表もありますので、タイピングの練習もできます。


●ことばゲーム(集団プログラム)

スリーヒントゲームやしりとりなど、言葉だけで想像力を働かせるゲームをしています。
スリーヒントとゲームには、出題者には3つのヒントを考えるむずかしさや前に出て発表形式で出題するむずかしさ、回答者には3つのヒントを記憶して想像するむずかしさがあります。
また、回答する際には出題者のところに行って他の人に聞こえないよう小声で答えを言うルールを設け、意識して声のボリュームを調節することを遊びながら学びます。


作文リレーでは、順番を決めて1文ずつ文章を書いていきます。
前の人の話を受けて考えること、思った通りに話が進まないこと、答えがないことなどのむずかしさがありますが、様々な声が飛び交い盛り上がります。


かたろーぐでは、パソコンやタブレットで検索した好きな画像をプリントしてお題にしたり、出題者ルールでヒントが1位のものになったりなど自由に遊んでいます。
型にはまらない子どもたちの良さが分かるゲームです。



●Scratchプログラミング(個別プログラム)

岩手大学工学部の三輪研究室のご指導をいただきながら、Scratchプログラミングにも挑戦してきました。
作品として仕上がったプログラムの一部は、支援グッズなどのページに掲載しています。


今後の予定

  • 2017年12月16日(土)14:00~16:00アイーナ6F団体活動室3 体験申し込み