アコモデーション
(配慮・適応)を
コモン(共通)に

アコモン

HAHATO.CO盛岡支部は
特定非営利活動法人accommon
に生まれ変わりました


accommon 070-4415-1449
(平日9時〜17時)
このエントリーをはてなブックマークに追加

アコモンによる支援グッズ

H28年5月に、子どもたちの困り感に気づくきっかけと対応に役立てばと、ガイドブック「こんなことあるかな?こうしてみよう!」(初版)を発行しました。
みんなで少しずつ知恵と時間を出し合って、「あったらいいな!」を形にしていきたいと思います。

ガイドブック「こんなことあるかな?こうしてみよう!」(全13ページ)

発達障がいに関連する診断名を一切使わずに、学校で困りそうな場面を描きました。
視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚など様々な感覚のちがいから生まれる不快感。「誰でも多少はある」と思われがちですが、程度と頻度のはなはだしさが、大人になっても苦痛となっている人もたくさんいます。
良い・悪いではなく、優れているとか劣っているとかいうことではなく、「ちがうように見え、ちがうように感じる」という事実を、ただ分かってもらえるだけでも生きやすさは変わります。
印刷版は郵送もできますので、どうぞご家庭でのきょうだい児などの理解や、学校でのクラスの理解のための教材としてご利用ください。
販売はH29年3月一杯を以って終了いたしました。賛助入会や寄付のお礼として差し上げています。



オリジナルサポートブック

Googleドライブを利用してクラウドで管理できるサポートブック台紙を作成しました。
[ファイル]-[コピーを作成]でご自身のマイドライブにコピーを作成して、お使いください。

A4サイズ  はがきサイズ ※上の図ははがきサイズ版です。
A4サイズは、サポートシートのみ作成して両面に印刷してもOKです。印刷設定オプションですべてのシートを選択、ページ指定、両面印刷でできます。
はがきサイズは、はがきファイルなどに入れてお使いください。


タブレット用Webアプリ


読み書き連合学習支援(岩手大学工学部三輪研究室)

岩手大学平成27〜28年度地域課題解決プログラムにより、開発いただいたWebアプリです。
ユーザー登録後ログインして利用すると、記録を取ることができます。 アプリ

タブレット学習用Webアプリ(岩手県立総合教育センター)

小学生向け教材から、中学生向けの数学・英語・理科・歴史、高校生向けの電気工事士や農業技術検定アプリなどがあります。 アプリ

アコモンキッズ作のプログラム

アコモンでは、Scratchを使ったプログラミングにも挑戦しています。下記は、自らの支援のために作成したプログラムです。

2けたまでの暗算[たしざん]

9のだんまでのかけ算

2〜3桁のひきざん  あまりのない割り算

立命館大学教授・児童精神科医・医学博士の宮口幸治が開発した「コグトレ」の「認知作業トレーニング」にある「視覚・聴覚的注意トレーニング」のプログラムも作成しました。
宮口先生にホームページでの紹介の許可をいただきましたので、よろしければご利用ください。

色か絵か?(難易度★〜★★)

色か数字か?(難易度★★)  色か絵か数字か?(難易度★★★)

コグトレについては、コグトレ研究会のページ、書籍「コグトレ(みる・きく・想像するための認知機能強化トレーニング)」、「不器用な子どもたちへの認知作業トレーニング」をご覧ください。